社名の由来

beSpoke (ビスポーク)


bespoke(ビスポーク)とは元々「注文仕立ての〜」という意味で、顧客がテーラーに「話を聞かれながら = be spoke」服をしててていくことに由来します。
そこから、オーダーメードの(服)、特注の(ソフトウェア)という形で使われるようになりました。
「お客様に合ったソフトウェアを、お客様の話を聞きながら、一つ一つ丁寧に作っていきたい」という思いが反映されています。